#ALLen

運命的な出会いで建った 行動派ご主人お気に入りの家

OUTLINE

  • 3LDK+ウッドデッキ
  • 約36坪
  • 熊本市御幸笛田
  • 4人家族の家

STORY

 

 

 

 

 

ザックリと家が欲しいなと思っていて、タイミングは見てたんです。今すぐどうのはなかったんですけどね。


良い土地が土地が見つかればなぁ、って言いながら居心地が良くてずるずると実家にいたりしてですね。そしたらここの土地が更地になって、そこにSTORYHOUSEという看板が立ってですね。笑

それを見てお電話頂いたんですよね。看板を建ててからご連絡いただくまでの反応も早かったと思います。

場所が実家のそばでとても良かったので、これは聞くしかないなと。まだ建てると決めていたわけではなかったんですけど、とりあえず話だけは聞きに行ってみようかってなってですね。

実は、元々通勤の時に目に入って気になっていた建物がBinoで、まさか話を聞きに行こうとして行ってみたら、まさかのここだったのかという感じでした。

それはもう運命のめぐり合わせとしか言いようがないですね。

土地の場所も良かったし、建物も元々気になっていてモデルハウスも何回も見に来てですね。
僕は特にこの家の雰囲気や作りが気に入ってしまって、最終的に子供も喜ぶ反応を見てたら「もう、ここでいいかな」って思いました。

結局、他社のどこにも話を聞かずにここで決めてしまって。笑 ホントに建てる気がなくて話を聞きに来てたので。

 

僕、どこかで土地を買うにあたって1個だけ希望があったんですよね。井戸付きって条件。

そうそう、井戸水は絶対条件でしたね。笑

実家に7~8年住んでいて井戸水で、水が水道代なしで使えるってすごく便利だったなって思ってて。そしたらここ井戸付きだったという。笑
もう条件揃いすぎちゃって、ここで良いかってなりますよね。

ウソみたいなホントの話なんですけど、結構そういう奇跡的な巡りあわせって、この仕事してるとホントにあるんですよね。そこは僕たちが計算できる部分じゃなくて、すごいなぁって思います。

BINOの建物にもいろいろ種類があるんですが、このALLENに決めた理由を教えてください。

他のもカタログで見たんですけど、まずはこの【三角屋根】が絶対だったんすよ。この家っぽい感じが好きで。まずそれが第一。あとは左右が対称じゃないところとかも気に入ったんですよね。

スキップフロアは作りが普通の家と比べて変わっているので、会社の人に「台所は階段上がったところにあるよ」って言うといつも「えっ?」て言われます。

やっぱりなんか普通の家じゃ面白くないじゃないですか。だからこういう少し違う家を建てたいなって気持ちはありましたね。

 

 

 

 

軽い気持ちで話を聞きに行って、条件が出揃うものだから「これ買うわ」ってホームセンタ―で買うみたいにポンと決めてしまったんですけど(笑)、僕お金のこととかまったく知識がなくてですね。どういうお金がいるのかとか、全く知らなくて。

はじめて見来られたのが7月くらいで、融資が確定したのが11月。地鎮祭が12月で、棟上げが1月末というスピードでしたもんね。

準備期間もなかったので、貯金もそんなにしていたわけじゃなくて、借りてたお金の返済を慌てて考えたりして。

お話しを聞きに来られる時点では、全然考えてなくて準備していないという方は実は結構おられるんですよ。ただ、それにしてもご主人の決断力は凄かったですけども。笑

 

ご主人は無類のコーラ好きで、飲みたくなった時にすぐ飲みたいがために自販機設置されたんですよね。笑

そう、コーラ大好きなんですよ。でも、一番近くのコーラの自販機が結構遠くて。だからこの横のスペースに置こうって決めてました。

そのためのスペースを敢えて空けて作ってましたもんね。

だから業者さんにも下に直置きじゃなくて、ちゃんと足場まで作ってもらいました。笑
近所の人も近くにできたので助かるって、結構買いに来てくれて喜ばれてますよ。

地域貢献まで出来てますね。ただコーラ好きだからって本当に自販機まで置いちゃうってとこが流石です。さぞかし美味しいでしょう。

自宅のウッドデッキで飲むコーラは最高ですよ。テレビも見れるし、夏場は特にビールとかも最高ですね。ウッドデッキでは冬に鍋とかおでんとかもやってみようと思ってます。

 

そして地下の部屋は多趣味なご主人にとって夢みたいなスペースになりましたね。

ある意味完全に子供部屋です。笑
僕という子供が、全開で喜ぶ部屋ですね。

サバゲーに釣りにホームシアター、バイク、ロードレーサー、マンガ、完全に男の人は心鷲掴みにされるものばっかりで羨ましすぎます。

結構趣味が多くてですね。あとは上の部屋だと子どもの就寝時間があるので、電気とかテレビで気を使うんですけど、この部屋なら気兼ねなく過ごせます。部屋の電気をリモコン式にしたもの正解でした。

奥さんはご趣味なかったんでしたっけ?ご主人だけこんなに至れり尽くせりの部屋があって、自分も欲しくなったりはしないですか?

私、実は改めて考えてみたらこれと言った趣味がなかったんですよ!だから特にこういう部屋はなくて良いんです。キッチンのお気に入りの場所から家族をじーっと見てるのが楽しいです。笑

そう。部屋の端からじーっと見てるんですよ。落ち着きたいのに見られてるのが気になって、僕はこの部屋に逃げ込んだりしてます。笑

あー、なるほど。奥さんの趣味はご主人さんそのものってことですね。

えーーーー! なんでそうなるんですか。笑

 

 

 

 

こちらは本当に、建てている最中に震災があって大変でしたね。

はい、まさかこんなことが起こるとは夢にも思っていなくて、その時は家がどうこうよりも、まずはみんなの暮らしに意識が行きました。

震災の翌日かその次の日くらいに、建築の時に出た建材を使っていいかとご連絡いただいたのが、とても印象に残っています。

家の前がちょうど空き地になっていたので、そこにテントを張って、近所のご高齢の方たちも入れて共同で過ごしたりしました。先が見えない中、火を起こす燃料なども貴重だったので、うちで使う建材を見て、これはみんなに使ってもらえると思ってですね。

自分のことよりも、先に周りの方たちのことを最優先に考えて行動されていて、私も「もう何でも使ってください!」って言っちゃいました。

結果的に、あれでご近所の話したことがなかった方とも一気に距離が縮まって、この地域ですごく一体感ができたんです。

家が出来てからも「よか家ね~。よか家ね~。」って言いに来られて。震災は大変でしたけど、あれで地域の人との繋がりの大事さを改めて感じました。

土地のこともですけど地震とか、色んなタイミングが重なりってますが、すべてご主人の行動力でプラスに持っていけてるんだと思うんですよね。

考えるよりも先に行動してしまうところが良かったのかな。
土地にSTORYHOUSEさんの看板を見かけてから家が建つまで、短期間で色々ありましたけど、この家にして良かったなって思いますよ。
他の家と見比べて、ウチを見ても「あぁやっぱりこれにして良かった。」って。他に家が全部同じに見えちゃうくらい、この家が気に入ってます。

豪快だけど、とても周りの方への思いやりのある行動派のご主人と、それを笑顔で見守る奥様の優しさ。本当に家庭の円満さがあふれるとてもすてきなご家族でした。私も新婚なので円満夫婦の秘訣を伝授してもらいました。恐らく私が担当したお客様の中で、一番展開が早かったケースでしたが、要望を追加する部分とDIYの部分をしっかり判断されて、家づくりを家族全員で楽しんでおられます。担当者冥利に尽きます!今後ともどうぞよろしくお願い致します^^