インスタグラムも更新中!
line@
Image

熊本でおしゃれな家づくりするためにオシャンティーな家具屋さんを調査してきました

T09

皆様こんにちは。STORYHOUSEの福永です。

 

今日は、おしゃれな家づくりには何が必要か、

ズバリおしゃれなインテリアでしょ!!!

ということで、STORYHOUSEおすすめのインテリアショップさんにお邪魔して、インテリア選びの極意を学びに来ました!

 

 

阿蘇市一の宮町 「TOMMY’S ANTIQUES(トミーズアンティーク)」

T01

T02

T03

もうジブリの世界に迷い込んだんじゃないかというくらいのノスタルジー感あふれるお店のたたずまい。

アンティークやヴィンテージの家具と、オーダーメイドまで対応できるステンドグラスのお店です。

 

T11

オーナーの富澤さんにお話を聞かせていただきました。

fuku1富澤さん今日はインテリアの選び方について色々教えてください。

tomi1はい、よろしくお願いします。

 

T05

千葉出身のオーナー富澤さんが阿蘇に移住し3年前にOPENされた「TOMMY’S ANTIQUES」。
クラシックなアンティーク家具から、アーコールやG-PLANなどのヴィンテージ家具のほか、ステンドグラスも豊富に取り揃え、家具やドア、ステンドグラスのオーダーメイドも可能。
インテリアはオーナーが自らイギリスに買い付けに行かれているそう。

fuku1
ホント失礼なんですが、私TOMMY’Sさんのお店の存在をまったく知らなくて。施主さんから逆に教えていただいて知ったんです。

tomi1
そうでしょうね。ほとんど宣伝もしていないので。

fuku1
やっぱり隠れ家的な感じで、一見さんがわーーっと来ると嫌だから、、みたいな頑固職人気質ですか?

tomi1
いえいえ、気軽にたくさんの方に来てほしいです。

fuku1
え?そうなんですね。宣伝はされてるんですか?

tomi1
忙しかったりして全然できてなくてですね。ぜひ宣伝してください。笑

 

T10

こんなに素敵なお店なのに、オーナーが宣伝をほとんどしていないので、知る人ぞ知るお店になってしまっているという。。

 

fuku1
このインタビューでお客さん増えてしまうかもしれませんね。笑

tomi1
この見つけづらいお店を見つけていただいて、宝箱を見つけた気分になってもらえたら嬉しいです。笑

 

TOMMY’S的センスの良いインテリアの選び方

ST01

fuku1
たとえば、うちのSTORYHOUSEは木の質感がウリなんですが、こういう家の場合どんなインテリアを選ぶと良い感じになりますか?

 

あえて内観の木目と色味をハズすことでオシャレ感がアップする

tomi1
STORYHOUSEは木目の雰囲気がよくでているので、基本的に何でも合うんですが、アンティーク調は特に相性がいいですね。
ひとえに木目調と言っても、明るい色の木目だったり、色の押さえが効いたシックな木目がありますよね?

fuku1
そうですね。色が違えば結構印象の違う雰囲気になりますね。

tomi1
床が明るいパイン地だった場合、統一感を出すために同じ色のパイン地の家具とかを選んでしまいたくなるんですが、それだと色が同化してしまって映えなくて、無難な仕上がりになってしまいます。なので、そういう場合は逆に濃い色の木目を持ってきたりするとオシャレな感じになります。

fuku1
なるほど!確かに統一感出したくなりそうですが、そう考えるんですね。色の違う木目って浮きませんか?

tomi1
これが結構どんなものでも行けるんですよ。思い切って色で遊んだほうが良い感じになったりしますよ。

fuku1
参考になりすぎる。。

 

TOMMY’S的こういう選び方は注意!

fuku1
逆にこういう選び方は避けたほうが良いよというのはありますか?

 

時代感は合わせたほうが良い

tomi1
そうですね、例えばアンティーク系で統一したいときは、時代感は揃えたほうが良いと思います。
時代を感じるような深い木目のものと、最近流行りの新しいパイン地を合わせちゃうと、時代感がずれてアンバランスになりがちですね。

 

椅子はバラバラにするとセンスよく見える

fuku1
なんとなくわかる気がします。ちなみに、椅子ってすごくそのオーナーのセンスが見えませんか?

tomi1
椅子はセンス見えちゃいますね。実はオシャレな椅子選び方の秘技があるんですよ。

fuku1
おおおおそれ絶対知りたいです!教えてください。

tomi1
椅子は同じものではなくバラバラのデザインのものを置くんです。

fuku1
全部バラバラ…。それ、逆にセンスいりませんか?笑

tomi1
それが適当に選んでも意外と合ってしまうんですよ。ズレればずれるほどかわいいと言うか。

 

ST02

椅子はあえて揃えずに外すとオシャレ感アップ!

tomi1
統一感を出すのも、もちろん良いですが、遊び心の中にオシャレさって際立つと思うんですよね。人の目を気にせずに、自分が気に入ったものは自信を持って置くと良いと思います。

fuku1
本当だ…。恐るべしTOMMY’Sマジック…!

 

家具は無理して一気に買い揃えない

T23

tomi1
あと、もう一つ大事なのは、家を建てる時に家具をまとめて買いがちですが、欲しいと思うものが見当たらなかったときは、無理に全部揃えない方が良いです。

fuku1
欲しいものだけ買っておいて、他のはおいおい探すということですか?

tomi1
はい。さすがにダイニングテーブルとかははじめからないと困りますけど、椅子とか化粧台とか、絶対にすぐないと行けないものじゃない場合は、まず必要な分だけを買っておいて、それ以外は徐々に買い揃えていくほうが良いと思います。これウチに合いそうだなって見つける楽しみもありますしね。

noda1
(家を買うときに家具の費用まで見越した資金計画を立てておけば、必ずしも家を建てるときに家具を揃えてしまわなくても好きな時期で大丈夫なんだよね。)

fuku1
なるほど~。って…、いや!野田さん!!どこから出てきたんですか。。

noda1
(一枚目…)

fuku1
いつの間に…。。てゆーか悪霊みたいになっとるやん。

 

fuku1
ところで(気を取り直して)、実際TOMMY’Sさんにもそういう買い方をされるお客様はおられますか?

tomi1
ちょっと寄ったつもりが、一脚の椅子にビビっと来られて、それ一つだけ買われることとかありますね。で、その後またちょこちょことお寄りいただいて、今日は良いのないかな~て探されたりですね。

fuku1
もうその行動自体がオシャレだ。。

noda1
(シャレオツだね..)

fuku1
普通に出てきてください。

 

 

ステンドグラスの使い方

T14

fuku1
TOMMY’Sさんはアンティーク系の家具と別に、ステンドグラスも特徴的ですが、結構使い所が難しい感じがします。

tomi1
入れてみるとこれが合うんですよ。でも熊本ではあまりステンドグラスを付けられているところが少ないので、見慣れないのでよく難しそうって言われます。

fuku1
ですね。事例が少なくて見慣れないので、イメージが湧きづらいのかもしれません。

tomi1
だから良いんですよ。人がやってないから目を引くし、入れてみるとほとんどのケースで評判がよくて満足していただけてるんですよ。STORYHOUSEのような木目の雰囲気の場合は、シンプルなものや幾何学系のデザインのステンドグラスが合いますよ。

ST03

ST04

阿蘇黒川温泉にある「パティスリー麓」さんのステンドグラスはTOMMY’Sさんが監修されたとのこと

fuku1
うわ。。めっっちゃかわいい…。

tomi1
めっ…ちゃかわいいでしょ。笑

fuku1
ステンドグラスを家につけたい時は相談に乗ってもらえるんですよね?

tomi1
もちろん、必要とあらば実際にご自宅に伺って、合いそうなものをご提案させてもらうことも喜んで対応しますよ。

T13

T19

T18

聞けば聞くほどステンドグラスに興味が出て来てしまいました…。

 

ズバリ聞きます。TOMMY’Sさんでインテリアを一式揃える予算はどのくらいですか?

noda1
(ということを聞きなさい…)

fuku1
という上司(亡霊)命令ですので、教えてもらえませんか?

tomi1
ご予算に合わせて提案というのはもちろん出来ますが、そういう回答じゃだめですよね?

noda1
(駄目です…)

fuku1
だそうです。笑 妥協せず、TOMMY’Sさんでガッツリ揃えた場合、このくらいあると十分だという金額で大丈夫です。

tomi1
そうですね、、、ダイニングテーブル、椅子、大きめの食器棚、レザーソファ、ステンドグラス、ビューローブックケースとか、、でまぁ70万円前後あれば人気のヴィンテージ家具が一式揃えられると思います。

fuku1
その予算を見越せば、自宅がTOMMY’Sさんになるわけですね!

tomi1
まぁケースバイケースです。笑 まとめ買い頂ける場合はもちろん値引きもしますし、金額は気にせずに気軽に相談に来ていただきたいです。

 

お店のPRをどうぞ!

tomi1
ウチで取り扱っているインテリアのアーコールとか、価格は相場よりもかなり安いんです。田舎プライスで頑張ってます。実際に東京や福岡から買いに来られる方もいます。

fuku1
そうなんですね。

tomi1
だから、ぜひ県内の方にも知っていただいて、足を運んでもらえると嬉しいですね。
気楽に覗きに来て頂く感じで。私自身あんまり店員さんに張り付いて接客されるのが苦手なので、私もそういうのはしません。聞きたいことがあったら呼んでもらえれば説明します。

fuku1
それ結構重要ですよね。

tomi1
気楽にじっくり見ていただけるようにしたいと思ってます。
あとは、アンティークステンドグラスのカスタマイズ(サイズ拡大/縮小加工・変形加工,etc.)やオリジナルステンドグラスの注文制作も受け付けているので、なんでも相談してもらいたいです。

T12

ここでステンドグラスのリサイズやオリジナルステンドグラスを作ったりされているそうです。

 

tomi1
あと、うちのお店に来られたら、隣接して色々なお店があるので、回って見られるのがおすすめですよ。

ST05

ティアンティアンさん
フレンチカフェで、ランチで気軽にコース料理などが食べられるそうです。

 

ST06

キタカゼパンチさん
阿蘇を拠点に木彫り人形などの立体物、ハンコ、イラストなど日々の暮らしがより楽しくなるような作品づくりをされている雑貨屋さんです。

 

tomi1
他にも、コ-ヒー焙煎のお店や、かんざらしの店「結」さん、素泊まりができる古美術・骨董品のお店など。個性豊かです。

fuku1
隅から隅までおしゃれすぎる。。

 

最後に阿蘇の純粋サイダーをごちそうになりました!

T16

T17

noda1
(ああ美味しい。こりゃたまらんねぇ…)

fuku1
山なので空気も水もいいし、普通に飲むサイダーの5倍ぐらい美味しく感じてしまいますね。

 

 

T20

心身ともに癒やされました。やっぱり阿蘇は最高です。

fuku1
富澤さん、今日は貴重なアドバイスをたくさんもらってありがとうございました!!

tomi1
近くまで来られた時は、ぜひまた気軽にお立ち寄りください。

 

SHOP情報

店名:TOMMY’S ANTIQUES トミーズアンティーク&ステンドグラス

住所:熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204


営業情報:10時~17時(水・木が定休日)

取扱商品:ステンドグラス制作工房/ステンドグラス&サンドブラスト体験教室/英国アンティーク(ステンドグラス&家具)輸入販売


BLOG DURING THE PROGRESS

進行中ブログ