インスタグラムも更新中!
Image

自然素材 無垢材

暮らすほどに味わいあるアンティークになる家を作る自然素材を豊富に使用

StoryHouseは、床と天井、そして室内の壁の一部に天然無垢材を使った木の家です。

無垢材を豊富に使った室内は、時間の経過とともに飴色に変化し重厚感とビンテージ感を醸し出すため、経年美を楽しめます。

また天然無垢材は雄大な森の中にいるような清々しさに加え、蓄熱効果や調湿効果も高いので、冬は暖かく夏は涼しい快適な室内環境を実現してくれます。

自然素材 無垢材

自然素材でつくる家の良さ

ここ数年の間に、家をつくるなら自然素材で、という消費者のニーズはますます高まっているようです。

その背景には、化学接着剤を使ったビニールクロスや合板フローリング、塩化ビニールシートなど、化学物質を含んだ建材が放出する有害物質によって、住む人が健康を損なうケースが後を絶たないという状況があるからだと思われます。

シックハウス症候群や化学物質過敏症の原因は住まいに使われる化学物質だと明らかになると自然素材を使った家の価値が見直されるようになりました。

住む家が住む人の健康の脅威となってはいけません。大切な家族の健康を考えたら、マイホームは自然素材にこだわってつくりたいものです。

無垢の木、自然素材から生まれた壁材や塗料は、子どもとお年寄りにも安全で、木の質感がそのまま残り、肌触りよく仕上がります。また無垢の木や自然素材の壁は、建物になってもなお呼吸し続け、室内を清々しい空気で満たしてくれます。 無垢材の使用された家に入ると空気が違うというのが肌で感じていただけると思います。

自然素材と人工素材の違い

経年美を楽しむ

経年美を楽しむ

最近の多くの家は、お引き渡しの瞬間の精度にばかりに気を取られ、将来、時とともに美しくなる家づくりを忘れているように思われます。StoryHouseは時間が経つとともに味わいある質感を出し、愛着の持てる家づくりを目指しています。当然、傷もつきやすく多少の変形はありますが、それ自体が味わいになり、あたたかみが増してその家だけの愛着に変わっていくのです。

また天然の木は、経年美を楽しめるという美徳も備えています。
人工的な素材は時間が経つにつれ劣化してしまいますが、天然素材は工業製品のように時間とともに劣化してしまうことがなく、時間が経つほどに色ツヤや味わいを増して、古びたとしても劣化することはありません。

いっそう我が家にあたたかみが増しすので、家族の愛情も深まるのではないでしょうか。


BLOG DURING THE PROGRESS

進行中ブログ